MENU

札幌のAGA治療と失敗しない選び方の内容

AGAは進行の具合で症状に差が出る脱毛症であり、札幌のクリニックでは「疾患」として捉えています。そこで重要になっていくのは、放置してしまう前に何らかの対策を打ち出そうという取り組みであり、そういった動きは確実に札幌周辺では広まっているわけです。特に男性の中年世代から急激に増えてくるAGAは、いくつかのタイプに分類されることがわかっており、ひとりひとり事前にガイダンスをして納得のできる方法での治療が大切になっていくのです。

 

「失敗しない選び方」を求める声は日に日に高まっていて、脱毛の進行をできる限り食い止めたいという意志の表れにもつながるのです。さらにAGAはクリニックの治療に加え自分自身でしっかりとケアしていく部分においても、重要な意味合いがあると多くは説きます。栄養不足や睡眠不足など生活習慣全体を乱れさせるような内容は基本的に悪影響を引き起こす事柄になっていくため、十分に注意していくことが大事です。そのためトータルな視点で失敗しない選び方を模索しながら、決断をしていくことがコツなのです。

 

札幌のAGAクリニックで長く携わっている医師は、主にテストステロンという成分が脱毛を加速化させるといった見解を持っています。ホルモンのバランスを含め、しっかりと治療薬を服用して対策を施していくことで、AGAの進行を最小限に抑えていくようにするといった方向性も見込めるようになっていくわけです。よって、失敗しない選び方が成功の第一歩となるのです。

AGAの症状と治療について

AGAとは男性型脱毛症のことです。AGAは高齢による老人性の脱毛症とは異なり、テストステロンという男性ホルモンが薄毛の原因となるジヒドロテストステロンに変化することで発症してしまいます。若いのに抜け毛の量が増えてきた、生え際や頭頂部などが部分的に薄毛になってくる、髪の毛が伸びずに切れ毛が増えるなどがAGAの特徴的な症状です。特に多いのが前頭部から薄毛が進行していく症状で、治療をせずにそのまま放置してしまうと髪の毛が全て無くなって禿げあがってしまう恐れもあります。

 

AGAの治療薬には飲み薬や塗り薬があります。医師の処方箋がないと購入できないものもあり、症状によって薬の効果も異なります。また個人差はありますが薬によっては肝機能障害などの重い副作用を引き起こす恐れもあります。きちんとした効果を得るためにもAGAの疑いがある場合には自己判断はせずに、きちんと医師の診察を受けて最も効果的な薬を処方してもらうことが大切です。

agaの進行速度について

 

aga(男性型脱毛症)の進行速度は、基本的にゆっくりと進行していくというのが、大きな特徴であり、尚且つ、確実に進行していくというのも、特徴として挙げられます。進行速度がゆっくりであるために、変化しているのがわかりずらいのですが、agaを発症していると、ゆっくりと確実に、毛髪全体が薄くなっていきます。

 

AGAの進行パターンとしては、生え際がM字型に後退していく、頭頂部から薄くなっていく、あるいはその両方の症状があり、頭頂部と生え際が後退していくという3つのパターンに大別されます。どのパターンであるにしろ、治療をしないままで放置すると、確実に進行していく、進行性の病気であるということを認識しておきましょう。

 

人間の髪の毛にはヘアサイクルがあり、ヘアサイクルには個人差があります。正常なヘアサイクルは、成長期・退行期・休止期という流れに沿って、2年?7年くらいの年月をかけて抜けていき、新しい毛が生まれています。しかし、agaを発症している方の場合には、ヘアサイクルの成長期の部分が極端に短くなります。早い人では半年ほどで、成長しきっていない髪の毛が抜け落ちてしまいます。結果、徐々に薄毛が進行するというわけです。

 

普段の生活でストレスを抱えていたり、薄毛の進行を極端に気にしすぎたりすると、抜け毛のスピードは速くなる傾向があります。基本的には、進行速度はゆっくりなのですが、短期間で見た目に変化が出るケースも稀にあります。ただし、生活習慣の見直しだけで、AGAの進行スピードを抑えるのは難しく、脱毛ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑える治療が必要となります。DHTが産生されることによってヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増えるからです。

 

毎日の食事でaga対策

agaは遺伝などによって活性型男性ホルモンがヘアサイクルを乱し、薄毛を招いてしまうといわれていますが、タバコや偏った食生活、ストレスの多い毎日を送っていても、髪が抜けやすくなったり髪のボリュームがなくなってしまったという方もいらっしゃいます。

 

毎日の不規則な生活がagaを招いたり、薄毛の原因全てに当てはまっているというわけではありませんが、食事によって得る栄養は、体内機能に大きく影響を与えます。
栄養が不足すれば体の一部である髪にも影響し、薄毛の原因にもなってしまいますので、直せるところはきちんと直し、少しでも予防や対策をして健康になるためにも、日々の生活習慣や食事を見直して徐々に改善していきましょう。

 

まずは、バランスの良い食事を摂ることです。偏った食生活は人の体に様々な問題を起こしてしまいます。
また、agaになると、発毛を促進するプロペシアと呼ばれるフェナステリド錠を服用する治療が行われますが、食生活を改善することで、治療と良い相乗効果が生み、より高い効果を得るといわれています。

 

そして育毛に必要な栄養素は、たんぱく質や亜鉛、ビタミンCなどです。豆類や魚、野菜など、どれも身近な食材に含まれていますので、うまく組み合わせて調理し、少量でも良いので1日3食を心掛けるようにしましょう。

 

また、脂っこい食べ物を続けて食べるのはやめておきましょう。皮脂の分泌が過剰になり、髪の発育を邪魔して毛穴を詰まらせてしまう恐れがありますので、一緒に野菜を多く摂ったり、量を減らすなど工夫して食べるようにしてください。

 

少しでも日々の生活を改めて頭皮を清潔に保っていけば、予防と対策に繋がります。今からでも遅くありませんので、ぜひ実践してみてください。

更新履歴