aga 女性ホルモン

MENU

agaと女性ホルモンについて

男性の薄毛の症状は現在agaと呼ばれ、医療機関でも治療の対象としています。こういった薄毛には男性ホルモンが関わっているというのが定説で、治療では男性ホルモンの作用を抑える薬剤が使用されるのが特徴です。男性ホルモンが変成することで発毛のサイクルが早くなり、十分な成長が得られないまま毛が抜け落ちやすくなります。そのため、自然髪が薄くなってしまうことが発症のメカニズムです。

 

こういった薄毛の症状は、男性のみならず女性にも起こることがあります。女性の場合には、女性ホルモンの分泌が衰える35才以降に多く見られるのが特徴です。女性の体にも男性ホルモンは微量ながら分泌されています。閉経前の状態であれば女性ホルモンの勢力が圧倒的に強く、男性ホルモンの影響は余り受けないのが一般的です。ですが、加齢と共に女性ホルモンの分泌量が低下してくると、今度は男性ホルモンの影響を受けやすくなってきます。こうしたことから、閉経に近づくに連れて女性にも薄毛の症状が現れてくるというのが一般的な説です。

 

女性の薄毛は男性の場合とは少し様子が異なります。男性のagaではつむじや生え際部分が徐々に薄くなってくるのが特徴です。一方、女性の場合には髪全体が細くなりボリュームがなくなってきます。こういった症状が特に多く見られるのが産後です。産後はホルモンのバランスが崩れやすい時期として知られています。高齢出産が増えていることも産後の髪の悩みが増えている一つの理由です。年齢が上がるにつれて崩れてしまったホルモンバランスを整えることは徐々に難しくなります。

 

髪の悩みは、実際様々な要因に左右されるのが常です。食生活やストレスも大きな影響を与えており、改善のためには幅広い視点で改善を志すのが賢い方法となります。