MENU

ジェネリック医薬品を選ぶことでaga治療も手軽に

男性の薄毛の原因の多くを占めているのがagaと呼ばれる男性型脱毛症です。
この男性型脱毛症は男性ホルモンによって育毛が阻害されてしまうことが原因であり、その他の薄毛とは大きく異なっています。
一般的に市場に出回っているような育毛剤ではあまり効果を期待できないことが多く、治療するには専門の薬を使用することになります。
日本では一般的に有効成分であるフィナステリドかミノキシジルを使った薬が治療に使われています。
これらの有効成分が配合された薬は現在は医師によって処方される薬であり、ドラッグストアなどで気軽に購入出来るものではありません。

 

ここで多くの人が問題となるのがその薬の費用です。

 

一般的な薬と違ってこのような男性型脱毛症に効果のある治療薬は高額となっています。
効果が実感できるまでは長い期間飲み続ける必要があるために、薄毛治療にはかなりの経済的負担を伴うことになってしまいます。
何故このように高額になっているのかというと、現在の日本では薄毛は病気とは認められていないために保険が適用されていないからです。
通常の薬は健康保険が適用されることによって3割負担で済んでいますが、男性型脱毛症の治療薬は全額自己負担となってしまうのです。
そこでどうしても経済的負担を抑えたいという場合に役立つのがジェネリック医薬品です。
世界的にも多くの人が悩んでいる男性型脱毛症にはジェネリック医薬品も数多く存在しており、そういった薬を使うことで費用を大幅に減らすことが出来ます。
しかし、こういった薬の多くは日本国内では手に入らないので海外からの個人輸入を行うことになります。
また、その際には医師から処方された薬ではありませんので、自己責任で服用することになるので用量用法をきちんと守ることが大切です。