aga ステロイド

MENU

agaとステロイドの使い方

agaとは、Androgenetic・Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことです。一般的に、額の生え際からか頭頂部から薄くなっていきます。原因は遺伝や男性ホルモンが影響していると言われています。
agaの特徴としては、薄毛や抜け毛の進行がゆっくりしていることが挙げられます。頭頂部と額の生え際のどちらか一方か双方から薄くなり、毛包が十分に育たないため、髪の毛が太く長くなる前に抜けてしまいます。ただ薄毛になっていても、うぶ毛は残っているのも特徴で、まだ髪の毛が太く長く育つ可能性があります。

 

agaの治療方は、カウンセリングを受ける方法、プロペシア&ミノキシジルを飲用する方法、自宅療法として育毛剤を使用する、頭皮シャンプーを使ってケアをする方法があります。

 

その他に、ステロイドを使った治療もあります。ステロイドとは副腎からつくられる副腎皮質ホルモンの1つで、使用すると体の炎症を抑えたり、体の免疫力を抑制したりする作用があり、様々な治療に用いられます。ただ副作用も多いため、使用には注意が必要になります。
ステロイドを使った薄毛の治療があります。薄毛の治療では、頭皮の炎症を抑えることが目的となりますが、炎症を鎮める効果以外にも副作用による増毛効果があるといわれています。なので、市販の増毛剤や薄毛予防の育毛剤に配合されています。ただし大変強い
成分なので、増毛後のリバウンドがあることが確認されています。リバウンドするとは、最初は増毛の効果が見れれても、次第にまた抜け始めることです。それどころか、最悪のケースになると毛根に決定的なダメージを受けてしまい、発毛することができなくなる可能性もありますので、使用には注意が必要です。