MENU

食生活やストレスだけが原因じゃない男性型脱毛症aga

男性のみならず女性でも薄毛に悩む人が増えています。そして中高年だけではなく10代20代の若年層と言われる世代の薄毛に悩む人が増加傾向にあるのです。
薄毛は偏った食生活や睡眠不足、ストレス、運動不足、過度のアルコール摂取、タバコ、間違ったヘアケア、紫外線、妊娠出産や加齢によるホルモンバランスの乱れなど様々な要因によって発症します。
これらの事から薄毛を改善するためにはバランスのとれた食生活、十分な睡眠、ストレスを溜めない、アルコールはほどほどにする、タバコは控える、頭皮を清潔に保つ、紫外線対策を行うことが自分で行える改善方法となります。
ホルモンバランスに関しては妊娠出産は自然とホルモンバランスが整えば薄毛は解消します。加齢に関しては男性ならば亜鉛やマカなどのサプリメント、女性ならば大豆イソフラボンやザクロなどのサプリメントを服用するか医療機関でホルモン補充療法を行うことで改善できます。

 

 

そして薄毛の中でも治療を要するのが男性型脱毛症いわゆるagaと言われるタイプです。男性型脱毛症は男性だけではなく女性の薄毛の原因にもなっており、治療をせずにいるとどんどん薄毛が進行していきます。
男性型脱毛症はローマ字のMのように後退していくM字ハゲ、ローマ字のUの字のように生え際全体が後退していくU字ハゲ、頭頂部から後退していくO字ハゲの3タイプあり、女性の場合は髪の毛全体が薄くなるびまん性脱毛症が圧倒的に多くなっています。
男性型脱毛症の治療には内服薬と外用薬での治療が中心となります。治療の効果が現れるまで早くて3ヶ月、遅くとも1年以内には効果が現れると言われています。男性型脱毛症は諦めず根気よく治療を続けることが重要です。