MENU

女性にもagaは起こり得ます。

男性型脱毛症は成人男性によく見られる脱毛症で、一般的には遺伝や男性ホルモンが関係していると言われています。進行性のため放っておくと髪の毛は減り続け、徐々に薄くなっていきますので、早めのケアが必要です。以前はカツラや部分的に増毛する方法が多かったのですが、ミノキシジル、フィナステリドなどの治療薬が開発されてから薄毛の治療は随分と進歩しました。そのため、それらの治療を専門に行ってくれる『agaクリニック』を訪れる方も多く、専門医やクリニックも急増しています。ただし、保険が効かない自由診療なので、治療にかかる費用もクリニックによってバラバラですし、また一人ひとりの症状が異なるので、その人に合った治療法を行ってくれることも必要です。治療には数ヶ月?半年程、比較的長い期間通院が必要となりますから、経済的で継続的に通院できるクリニックを選ぶことが大切になってきます。

 

この男性型脱毛症ですが、女性にも起こることがあり、男性の場合と区別して『faga』と呼ばれています。原因は、加齢によって女性ホルモンである『エストロゲン』が減少することにより、微量に存在する男性ホルモンが影響してしまうと言われています。男性の場合は頭頂部や前頭部の髪の生え際に局所的に薄くなることが多いのですが、fagaの場合は全体的に髪が細くなり、徐々に薄くなっていきます。男性の場合は、専門のクリニック受診・通院が必要となりますが、女性の場合はホルモンバランスが崩れて起こる症状なので、エストロゲンを増やすと言われる大豆製品をまめに摂取したり、ストレスを溜めず睡眠をしっかり取るなどの生活習慣を心がけて実践することが、薄毛の改善に大いに役立ちます。